蛇口

東大阪のリフォーム業者なら最適なプランを提案してくれる

東大阪の業者によるトイレリフォームでアームレストを付ける

シンク

トイレの便座に座った状態から立ち上がるとき、腰が痛かったり、ふらついたりなどすると危険です。そのままバランスを崩して転倒してしまうかもしれませんし、場合によってはギックリ腰になるおそれもあります。10代20代の若者ならそんな心配はまったくないかもしれませんが、30代・40代・50代、あるいは60代より上の高齢者がいる家庭では、トイレをより安全に使えるような設備を備えつけたほうが良いです。
家のトイレリフォームでトイレにアームレストを付ければ、それだけで便座に座った状態から立ち上がるときだいぶ楽です。アームレストを掴んで腰を浮かせれば負担はかなり軽減されますので、それなら高齢者でもトイレの利用がだいぶ簡単になります。トイレの中で立ったり座ったりは中腰のときに負担がかかりますので、それを毎日続けるのは高齢者ほど苦痛に感じてしまいます。
もしもアームレストのないトイレで使いづらさを感じているなら、トイレリフォームによってアームレストをつければ問題解決です。アームレストのついたトイレにするときは、せっかくなので他の部分も見直したうえでトイレリフォームするとまとめて悪いところが直せます。トイレリフォームすることでより住みやすい家にできますので検討して損はないです。

TOP